Todd YUKUMOTO


アメリカはハワイを拠点にするサクソフォン奏者。ハワイ大学を卒業後テキサス大学でハーヴェイ・ピテルに師事しました。クラシックからジャズまで活動の幅は広く、ハワイ大学で教鞭を執りながら、同大学のサクソフォン・クワイアの指導、ホノルル・サクソフォン4重奏団、ロイヤル・ハワイアン・バンドのメンバーとして活動を行なっています。

Official Site(英語)


主なアルバム


「Blue New Music from hawaii

Check it amazon.com !
アマゾンでこのCDをチェック
Equiliblium EQ64
2001/11/22-25 University of Hawaii's Orvis Aidotprium in Honolulu
  1. ボックスステップ・フォー・トゥー (E.T.クドウ)
  2. 2つの青 (ウォマック)
  3. ソナティナ〜ソプラノ・サクソフォンとピアノのための (ヒュー=キュン・リー)
  4. ムジク・レジェレ (ヒュー=キュン・リー)
  5. ダンセズ・ウィー・ダンス (B.K.ヤスイ)
  6. 3D (ウォマック)

Todd YUKUMOTO (saxophone)/ HyeKyung LEE (piano)

ハワイ産のコンテンポラリー・ミュージック、、、日系や韓国系と思われる作曲者の曲が多く、いったいどんな音が飛び出してくるのかCDを聴くまでちょっとドキドキものでした。が、聴いてみて妙に納得。ジャズやロック、民族音楽などの要素を巧みに、時には大胆に取り入れながら、クラシックの音楽の語法に集約されています。ハワイという土地の文化的なバックグランドが少なからず影響してるのでは? しかもどことなく楽天的でポジティブさを感じるのが不思議です。ユクモト氏のサクソフォンは、これらの曲の特性を踏まえながら、奥行きの深い響きで曲の表情を引き出しています。

Equilibrium 社のこのCDの紹介はこちら(英語)

オススメ度:


inserted by FC2 system